宇部市 歯医者 歯根嚢胞で失った奥歯にインプラント治療

    大きな歯根嚢胞のため抜歯をした部位に両隣在歯を削って被せてつなげるブリッジではなくインプラント治療を選択されました。
    術前の審査・診断を十分に行い、治療計画に基づいた適切な外科処置、補綴治療を行えば、失った部位に自然感のある修復治療を行うことができます。

    写真は術後(奥から2番目)インプラント上部構造装着後

    宇部市第一歯科

    装着前の上部構造です。

    宇部市第一歯科

    第一歯科診療所で使用するインプラントはほぼ全てストローマン社のスイス製インプラントです。

    宇部市歯医者 ラバーダムを使用したダイレクトボンディング 虫歯治療

    宇部市第一歯科

    写真左上が術前です。見た目は分かりませんが歯の間に虫歯ができています。ラバーダム防湿し、プラークを染め出して綺麗に洗浄し、虫歯の細菌がいない状態にしてから感染牙質を除去していきます。この時にラバーダムをしていないと細菌が削った歯の中に侵入してしまい2次虫歯の原因となります。患部を完全に除去したのち、乾燥した状態で接着操作を確実に行いダイレクトボンディング治療を行なっています。

    口腔内は唾液や呼気で湿っています。湿潤な状態ではきちんと接着しないと考えています。ダイレクトボンディングにはラバーダムが必須と思います。

    右下が術後です。最小限の削除で治療を終えることができました。

    下の写真は術前(左)術後(右)の拡大です。

    宇部市第一歯科

    第一歯科診療所では確実な治療ステップを踏むために必要な治療器具の導入と技術・知識の習得にスタッフ一同日々努めています。

    宇部市歯医者 感染根管治療 歯の神経治療 新しい治療器具を導入しました

    宇部市歯科宇部市第一歯科

    歯の神経の治療(特に感染根管治療・一度歯の神経の治療を行なった歯)を行う際、如何に根管内を綺麗に洗浄するかが重要になってきます。細菌が残ったままで治療を終えると被せをしても再び炎症を引き起こし再治療となってしまいます。
    やり直しのない治療をするためにはしっかりと根管内を洗浄することです。その上で適切な根管充填を行うことが肝要かと思います。

    今回導入したプレシジョンウルトラXは細いチップを根管内で超音波振動させることにより、根管内のスメア層を除去し、細菌を減らすことができます。また古い感染した充填材も取り除くことができます。

    根管治療はラバーダム防湿下でマイクロスコープを併用することで治療の成功率が格段に上がります。

    ラバーダムを使用した根管治療は原則自費治療となりますので、なかなか根の治療が治らない・歯茎に膨らみがある・被せてある歯で咬むと痛むなどの症状のある方で詳しくお話を聞きたい方はお電話にてご予約後、来院いただきレントゲンやCT撮影などの資料採得を行なった上、治療に入る前にご説明いたします。

     

    宇部市歯医者ブログ 歯科衛生士院内研修会を行いました

    6月24日の午後を休診し、当院歯科衛生士のスキルアップ院内研修会を行いました。

    講師にメルシーモンド合同会社 代表 本田貴子先生をお招きし、1回目は定期検診時のクリーニングの際などに必要な知識などの講義と相互実習のご指導をいただきました。
    講演会で話を聞くだけとは違い、実際に自院を見てもらうことでいろいろなアドバイスを受けることもでき、自分たちが気付かなかった問題点を改善することもできます。
    本田先生の歯科衛生士としての知識・経験・技術の高さとプロフェッショナルな姿勢にスタッフみんな感銘を受け、大いに刺激になった研修会でした。
    患者さんに安心して歯科治療を受けてもらうには常に歯科の知識を学ぶことが重要だと思っています。そこからくる自信が患者さんに伝わり、安心に繋がると考えるからです。
    本田先生の素敵なご指導のもと全5回の研修会からしっかり学び、患者さんの健康に寄与できるようより一層努力してまいります。

    個人的には現在勤務するスタッフと一緒に一時退職していたスタッフが話し合って復帰する前に勉強したいと研修会を受講してくれたことがとても嬉しかったです。

    宇部市歯医者

    宇部市歯医者宇部市歯医者宇部市歯医者

     

    宇部市歯科ブログ 銀歯を白い歯に変えたい ラバーダム ダイレクトボンディング

    奥歯の金属の詰め物を白くしたいと来院されました。

    金属を除去する際に金属粉が出ますが、これが歯肉に入り込んでしまうと歯肉の黒ずみ(メタルタトゥー)の原因になります。

    ラバーダム防湿を術前からすることで金属粉の口腔内への飛散を防止することができます。またうっかり飲み込んでしまうなどの誤嚥防止にもなります。

    防湿することで接着力が格段に向上し、自然観が生まれます。

    写真は上から術前・術中・術後です。

    第一歯科診療所ではラバーダム防湿の良い点を治療に取り入れています。

    *自費診療となります。1回の処置(治療時間約1時間)で終わりますが、初診時に資料採得・必要あればクリーニングをしますので原則2回目以降の処置となります。

    ダイレクトボンディング費用はこのケースの場合¥44.000となります。

    治療希望・ご質問などございましたらご連絡ください。

    宇部市第一歯科

    宇部市歯医者ブログ ラバーダム防湿下で歯の神経を残すセラミック治療

    宇部市歯科

    咬むと鋭い痛みが走り、その痛みが徐々に強くなってきたとのことで来院されました。金属の詰め物(銀歯)が入っていましたが、強い咬合力により脱離しており、歯に亀裂(歯冠破折)を起こしている状態でした。
    歯の神経を取る処置(抜髄治療)も考えましたが、いろいろなリスクもお話した中で歯の神経を温存する治療法を患者さんは選択されました。

    宇部市歯科

    割れている歯を補強するため、ラバーダム防湿して亀裂に沿ってファイバーリボンを接着し、型取り、セラミック修復しました。
    ラバーダムをすることで乾燥状態で強固に接着させることができます。

    宇部市歯科

    接着に際してもラバーダムし、歯を綺麗に清掃し、セラミック側も特殊な処理を施します。

    唾液や呼気で濡れている状態とでは接着度合いが全く違います。

    セラミック素材はe-max pressを選択しています。

    費用は税抜き¥70.000-です。

    第一歯科診療所では患者さんお一人お一人に対して、またその歯その歯の状態に対して最適な治療法を提供するよう診療体制を整えています。

    治療に関して最善を尽くしますが、やむを得ず治療計画を変更したり、全ての患者さんに同様の治療を施すことができない場合もあることをご了承ください。

     

    インプラント治療について 宇部市歯医者

    第一歯科インプラント

    当院ではインプラント治療に際し、安全を期すためサージカルガイドを用いています。

    インプラント手術を行う前に術部のCT撮影を行い、撮影デジタルデータをシミュレーションソフトに取り込みます。ソフト上でインプラント埋入ポジションを明確に決め、それを元に正確なサージカルガイドを作製します。

    第一歯科インプラント

    2次手術が必要な場合は最小限の侵襲(腫れや痛みが少なく)済むように症例ごとに検討しています。

    宇部市インプラント

    上の写真は2次手術直後です。最小限の切開を行うことにより、痛みもなく1週間後に型取りを行いました。

    宇部市インプラント

    最終補綴物が装着された写真です。ご自分の天然歯と同じように気にすることなく食事ができ、歯磨きなどのお手入れも変わりません。

    インプラント治療はかなり確立された治療法ですが、事前の診査・診断が大変重要であり、その後のメインテナンスもプロフェッショナルトゥースケアが必要です。

    第一歯科診療所では治療が終わった後も大切だと思っています。治療した部位が何事もなく長期にわたる安定した予後を得るために何が必要かをいつも考えながら治療しています。

    インスタグラムでも症例と医院情報を発信しています。宇部市歯科ブログ

    宇部市歯科

    インスタグラムにて随時、症例や医院情報を発信しています。
    アカウントはdaiichi.dental.clinicです。フォローよろしくお願いします。
    いろいろな媒体を使い情報発信することで、少しでも患者さんの口腔の健康に寄与できるようこれからも努めてまいります。

    宇部市歯科 歯科用器具を洗浄・消毒する高性能洗浄機を導入しました。

    ミーレジェットウォッシャーは国際規格(ISO15883)に準拠した高性能洗浄器で歯科用器具を確実に洗浄・消毒します。

    高温で洗浄する一番性能の高い機種を導入しました。

    宇部市歯科宇部市歯科宇部市歯科

    第一歯科診療所ではこれまで以上に感染対策に取り組んでまいります。

    高性能で世界基準の滅菌処理を行うことで安心して世界基準の歯科治療を受けて頂けると考えております。

    宇部市歯科 ヨーロッパ規格EN13060に準拠した高性能な滅菌器を導入しました。

    小型高圧蒸気滅菌器に関するヨーロッパ規格EN13060に準拠した高性能なオートクレーブです。

    第一歯科第一歯科

    これまでも滅菌には細心の注意を払ってきましたが、より高性能で機能の高い蒸気圧滅菌器を導入しました。これからも治療に際し、安心と安全を提供いたします。

    クラスBオートクレーブができること

    小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ規格EN13060では小型高圧蒸気滅菌器の性能要件とそれに付随するテスト方法が規定されています。それらは医科、歯科、獣医科などで幅広く使われています。血液や体液と接触する可能性のある材料や器具には様々な形状のものがあり、それぞれの形状に適した滅菌サイクルで滅菌する必要があります。ヨーロッパ規格EN13060ではクラスB、クラスS、及びクラスNという3種類の滅菌サイクルのクラスがあります。その中で唯一クラスBサイクルだけが全ての形状の被滅菌物(固形、中空物、多孔体、一重包装、二重包装)を滅菌できるとされています。

    第一歯科診療所では使い捨て可能なもの(コップ、エプロン、注射針、メス刃など)に関しましてはディスポーザブル器具を使用しています。

このページの先頭へ